クレジットカード現金化のバレない理由とバレたときのリスクを考察します。

家族にバレずに現金化はできる?

クレジットカード現金化を秘密にする

クレジットカード現金化を利用するにあたって、「家族にバレたら困る!」「パートナーに知られたくない!」などといった悩みを持った方も多いのではないでしょうか?

 

そこで家族やパートナー、在籍している会社など、誰にも知られずに現金化することは可能なのか、また、クレジット会社にもバレることなく利用できるのか、見つかった際ペナルティーはあるのかなどを徹底解説致します。

 

誰にもバレずに現金化は可能?

                           

クレジットカード現金化を行うにあたり、絶対に知られたくはない相手がいたりはしませんか?
「家族にばれないかだけがとても心配・・・」「パートナーに知られたら嫌われてしまう・・・」なんて悩みが原因で躊躇っている人も少なくはないのです。

 

実は結論から言うと、クレジットカード現金化は、誰にもバレずに行うことができます

 

カードローンよりもバレにくい訳

なぜカードローンより、クレジットカード現金化の方がバレにくいと言えるのでしょうか?
その訳をご説明致します。

 

まず、カードローンというのは、消費者金融へ足を運び手続きを行って現金を借りる仕組みです。

 

そしてカードローンは、仕事さえしていれば、誰でもスムーズに借りることが可能になります。
しかし、後日借用書などが自宅へ届く場合があり、明細書などを誤って見られてしまった時に、家族やパートナーにバレてしまう可能性があります。

 

さらに、どうしても信用情報機関に借入という文字が履歴に残ってしまうため、後々問題になるケースも少なくはありません。

 

しかし、クレジットカード現金化は、金融機関での借金とは違い、ショッピング枠を使った現金の入手方法です。
そのため、一般的には「買い物をした」扱いになるため、ムダな手続きを行う必要もありません。

 

もちろん、支払う対象も「金融機関」ではなく、「カード会社」への支払いとなります。

 

自宅に荷物が届いたとしても「ネットショッピングをした」という認識になり、疑われる心配が無に等しいです。
きっとネットショッピングを怪しく思うほど勘の鋭い人は少ないでしょう。

 

また、心配な人は宅配便と同じく、日付指定や時間指定も可能なのでそちらを利用するのがオススメです。

 

クレジットカード会社にバレたときのリスクとは?

クレジットカード現金化がバレないか心配する女性

基本的にクレジットカード現金化は、クレジットカード会社では公認されていないグレーゾーンとなっています。

 

そのため、リスクがまったくないとは言い切れません。

 

では、バレた時にどうなるのか言います。結論から話しますと、そういったことが発覚した場合、クレジットカードが利用停止になってしまいます。

 

しかし、こちらは何度も支払いを遅延した時に起こる対応策となっています。
そのため、通常通り現金化を行い、翌月にしっかりと支払っている分には滅多に起こることがないでしょう。

 

これはクレジットカード現金化だけに言えることではなく、何度も遅延を繰り返せばカード会社が「この人は支払う収入がない」「何度も遅延する理由があるのでは?」と疑い、原因を探ってきます。

 

そのためにも、現金化をする時に遅延をしない支払える金額を考えて借りることが最も大事だと言えます。

 

まとめ

 

このように、クレジットカード現金化は、比較的に誰かにバレにくい仕組みとなっています。

 

もちろんカード会社にバレたら利用規約を破っていることになるので、ペナルティーを受けてしまう可能性があります
しかし、仕組みを理解して上手く利用すれば、そのようなことは絶対に起こりません

 

もし、今後現金化をする機会があれば当記事を参考にしてください。

TOPへ