クレジットカード現金化のリボ払いについて詳しく説明しています。

クレジットカード現金化はリボ払いも可能?

リボ払いの設定をする

ショッピングをした時に決算方法として使われる「リボ払い」

 

詳しい仕組みは知らなかったとしても一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?

 

リボ払いとは簡単に言えば分割払いと同じ支払い区分に分類され、自分のプランに合わせた金額で毎月支払いができるシステムになります。
ではそんな便利なリボ払いですが、クレジットカード現金化を利用した際に、果たして利用することは可能なのかどうかご存知でしょうか。

 

結論から言いますと、クレジットカード現金化でリボ払いすることは可能です

 

しかし現金化でリボ払いするとなった時、注意しなければならない点もあります。
そんなクレジットカード現金化のリボ払いについて、詳しくご説明していきます。

 

リボ払いについて

リボ払いとは、月々の支払い金額を自分で決められるクレジットカードの支払い方法になり、毎月一定の金額での請求になるため返済計画が立てやすいのが特徴です。

 

しかし、計画が立てやすい反面注意したい点もあります。

 

リボ払いは、一回に支払う金額を1000円代~と、低く設定することも可能です。

 

ですが低ければ低いほど全額払うまでに長期かかってしまいます。
また、支払いが長引けば長引くほど支払い残高に対する金利手数料は増え、期間を伸ばした分だけ、支払う金額も多くなってきます。

 

そのため、上手く利用することができないと、いつまで経っても返済が終わらないということになってしまう可能性も浮上するのです。

 

リボ払いとは?

リボ払いでは「定額コース」と「残高スライド式」の2択で選ぶことが出来ます。

 

まず定額コースとは、毎月一定の金額を支払う方法です。
金額は分割で払うよりも安く設定できるため、便利とされますが支払期間があまりにも長引くと手数料という負担が大きく掛かってきてしまいますので、その点は注意して選ぶようにしましょう。

残高スライド制

残高スライド制とは、クレジットカードの利用状況に応じて返済額がスライド式(調整・変更される)で変化していく支払い方法となります。

 

これは、消費者金融などでよく用いられる返済方法です。つまり、返済が進めば進むほど、毎月の返済額は減っていきます。

 

残高スライド式では、借入残高によって返済する最低返済額が決まっています
この最低返済額のことを「ミニマムペイメント」と言います。

 

クレジットカード現金化でのリボ払い

当然、クレジットカードを使用してショッピングをした時と同じ扱いになりますので、クレジットカード現金化でリボ払いを使用することは可能です。

 

しかし、カード自体の契約によってはリボ払いができない可能性もありますので、リボ払いで支払いを考えている場合、今一度カード会社で自分がどのような契約で登録をしているのか確認を取りましょう。

 

リボ地獄に気をつけよう

リボ払いで苦しむ女性

リボ払いは便利な半面、上手く利用できなければ長期間による支払い+手数料で苦しむことになります。

 

また、その間にもクレジットカードで買い物などをしてしまうと、さらに支払う金額が増え返済が終わらないというアリ地獄のような状態に陥ってしまうことがあります。
そうならないためにも、現金化でリボ払いを利用する際には計画的に利用するようにしてください。

 

TOPへ