現金化をする際の換金率や手数料について徹底解説しました。

換金率と手数料の違い

換金率と手数料の違いに悩む女性

クレジットカード現金化を行う際に、換金率と手数料という言葉を聞いたことがありますか?

 

換金率と手数料が別のものとは知らなかったという声を耳にすることも多々あります。

 

では一体、その違いはなにか、どんな仕組みになっているのかをご説明していきたいと思います。

 

換金率とは

まず換金率と言うのは、利用金額に対し、入金額の割合を示した数値のことです。

 

そのため、換金率が高ければ高いほど多くのお金を手に入れることができます。

 

注意点

換金率は高ければ高いほど良い条件とされていますが、クレジットカード現金化を行う際には平均的に80%くらいで記載されている業者を使うと良いでしょう。

 

90%以上で記載されている業者もネットで検索をすれば多く出てきますが、基本的に100万円以下の金額で、90%以上の換金率で現金化をすることはまず不可能に近いということを覚えておいて下さい。

 

手数料とは?

手数料でとられる金額は、実は一種類ではありません。
ではどんな手数料が発生してくるのかご紹介します。

決済手数料

まず、クレジットカード現金化では決済手数料が差し引かれます。

 

悪徳な業者であればあるほど、決済手数料は高くなり、差し引きが多い場合もありますので注意しましょう。

 

配達料

こちらはショッピングと同じく、荷物が自宅や近くのコンビニなどに届く仕組みになっているので、宅配業者が荷物を届けてくれる配達料がかかってきます
普通にネットショッピングをした時と同じですよね。

 

また、クレジットカード現金化を行う会社によっては換金率を低く設定するなどし、配達料を差し引かない業者も存在します。

 

しかし、差し引かないとしても、元々の換金率を下げることによって差額の儲けを配達手数料の代わりとしているので、配送料がかかる・かからないというのは、業者選びの際判断基準として含めない方がいいでしょう。

 

振込手数料

振込手数料は、基本的にどの業者を利用しても掛かってきます。
そのため、認識としては【必ず払うもの】と思うようにすると良いでしょう。

 

消費税

クレジットカード現金化でかかる料金

クレジットカード現金化を行う会社でも、普通に買い物をしたときと同様、消費税はかかります。
また、消費税に関しては、きちんと記載している業者とそうでない業者に分かれます

 

しかし、何も触れていない業者よりも、触れている業者の方が「嘘をつかない」「信頼性がある」ため、安全性が高い証明になります。

 

クレジットカード現金化の換金率が高い商品一覧

クレジットカード現金化で買取方法を利用する場合、業者によって様々な商品を使用すると思います。その中でもよく使われるのが、

  • ブランド品
  • ゲーム機
  • 金券・ギフト券
  • 新幹線の回数券

です。ではなぜ換金率が高いのかご説明致します。

 

まず、4つ全ての商品に共通することは、消費者の需要が高いため、金券ショップなどで売っても高く買い取ってくれるということです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。クレジットカード現金化を利用するにあたって、なるべく手元に残る現金を増やし、損を減らすポイントは、換金率が80%前後の業者を選ぶということだと言えます。

 

欲を出しすぎては裏目にでてしまうので、業者選びの際注意したいものですね。

 

ぜひこれから現金化を利用しようと考えている人は、当サイトを参考にし、なるべく損のないように業者選びを行って下さい。

クレジットカード現金化はリボ払いも可能?はこちらでご紹介しております
TOPへ